多々良川浄化センター

多々良川浄化センター 外観

概要

多々良川流域下水道の計画区域は、福岡市に隣接した宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、久山町及び粕屋町の6町で構成され、昭和60年度に流域下水道事業に着手し、平成6年7月に供用開始しました。

流域幹線管渠は、宇美、須恵、須恵北、篠栗、篠栗北及び久山の6幹線で構成されており、ポンプ場は3箇所(須恵ポンプ場、久山ポンプ場、下山田ポンプ場)あります。

多々良川浄化センターでは、良好な放流水質を保持するために高度処理を行っており、博多湾流域別下水道整備総合計画に合わせ、窒素、りんの除去を目的とした嫌気無酸素好気法(A2O法)の処理施設が導入されています。

更に、多々良川でのシロウオの生息に配慮し、放流水の消毒では塩素系薬剤を用いず、紫外線消毒を行っています。

基本情報

多々良川浄化センターの所在地および電話番号はこちら浄化センター情報へ

 

多々良川浄化センター 地図

Google Mapで見る »

終末処理場 多々良川浄化センター
面積 15.4ha
所在地 糟屋郡粕屋町大字江辻705番地
アクセス JR「伊賀」駅下車徒歩約20分
西鉄バス「物流センター入口」バス停徒歩約5分

 

計画処理区域

center-tatara-kuiki

浄化センター配置図

center-tatara-haichi

計画概要と現状(平成27年度)

 

計画概要

現状

関連市町 宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、久山町、粕屋町 同左
計画目標年度 平成42年度(2030年度)
計画処理面積 / 人口 4629.9ha / 196,470人 3,369.2ha / 182,672人
排除方式 分流式 同左
処理方法 ・嫌気無酸素好気法 + 凝集剤添加+砂ろ過法 ・硝化促進型活性汚泥法+凝集剤添加+砂ろ過(3系列)
・嫌気無酸素好気法+凝集剤添加+砂ろ過(11系列)
計画処理能力 69,000㎥/日 61,750㎥/日
幹線管渠延長 31.66km 31.16km
着手年度 昭和60年度(1985年度)
供用開始年度 平成6年度(1994年度)

TO TOP