御笠川浄化センター

御笠川浄化センター 外観

概要

御笠川那珂川流域下水道の計画区域は、福岡市、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市及び那珂川町の5市1町で構成され、福岡県で最初の流域下水道事業として昭和46年度に着手し、昭和50年5月に供用開始しました。

流域幹線菅渠は、二日市、春日、那珂川及び老司の4幹線で、すべて地形にあわせた勾配で敷設されています。このため、中継ポンプ場を設けず下水は自然流下により処理場に流入します。

基本情報

御笠川浄化センターの所在地および電話番号はこちら浄化センター情報へ

 

御笠川浄化センター 地図

Google Map で見る »

 

終末処理場 御笠川浄化センター
面積 18.1ha
所在地 福岡市博多区那珂4-5-1
アクセス JR「竹下」駅下車徒歩約20分
西鉄バス「弥生小学校前」バス停徒歩約3分

 

計画処理区域

center-mikasa-kuiki

浄化センター配置図

center-mikasa-haichi

計画概要と現状(平成27年度)

 

計画概要

現状

関連市町 福岡市、春日市、大野城市、太宰府市、筑紫野市、那珂川町 同左
計画目標年度 平成37年度(2025年度)
計画処理面積 / 人口 9,701.0ha /676,100人 8,868.3ha /683,347人
排除方式 分流式 同左
処理方法 ・嫌気無酸素好気法 + 急速ろ過法 ・嫌気無酸素好気法 + 急速ろ過法
・標準活性汚泥法
計画処理能力 267,400㎥/日 276,400㎥/日
幹線管渠延長 29.29km 同左
着手年度 昭和46年度(1971年度)
供用開始年度 昭和50年度(1975年度)

TO TOP