下水道のしくみと役割

下水道のしくみ

私たちが家庭や工場で使った汚れた水は下水管に流れ込みます。
下水管は道路の下に勾配をつけて埋められており、だんだん太く、深くなって終末処理場につながっています。
終末処理場では、微生物が汚れを浄化する性質を利用して汚れた水をきれいにします。
きれいになった水は川や海に戻されます。

こうした下水道のうち、一つの市町村の下水を処理するものを公共下水道、複数の市町村の下水を処理するものを流域下水道と呼びます。

下水道のしくみ概念図

もっと知りたい方はこちらもどうぞ
(日本下水道協会ホームページ)
AtoZ

下水道の役割

1 生活環境の改善

生活環境の改善汚水が速やかに排除され、周辺環境が向上します。

2 便所の水洗化

便所の水洗化従来のくみ取り便所に替えて、快適で衛生的な水洗便所が使えます。

3 浸水の防除

浸水の防除市街地に降った雨を排除し、浸水を防ぎます。

4 公共用水域の水質保全

公共用水域の水質保全河川や湖沼などの公共用水域の水質改善に大きく寄与します。

5 持続可能な循環型社会の構築

施設の有効利用省エネルギーの推進や下水道資源の利活用に大きな可能性を有しています。

流域下水道とは

1流域下水道

二つ以上の市町村の区域から排出される下水を幹線管渠で集めて、終末処理場で集約して処理するもので、原則として都道府県が事業主体となります。

2流域下水道の特色

  1. 終末処理場の位置については、市町村ごとに終末処理場を建設する必要はなく、地形等で最も適切な場所を選ぶことができます。
  2. 終末処理場の数を減らし、処理施設を集約することにより、用地費、建設費及び維持管理費の低減を図ることができ、経済的です。
  3. 水質環境基準を達成するうえで有利な地域に放流することが可能となり、水質保全上極めて大きな効果があります。
  4. 都道府県が事業主体になることにより執行能力、技術力、財政力等で公共下水道の整備を早期に行うことが困難な市町村も、下水道の整備を推進することが可能になります。
  5. 下水道処理区が広域化することにより、流入水量及び水質の平均化が期待できます。
  6. 終末処理場を集約することにより、有能な専門技術者の確保が可能となり、適切な維持管理が期待できます。

TO TOP