遠賀川中流浄化センター

遠賀川中流浄化センター 外観

概要

遠賀川中流流域下水道の計画区域は、直方市、宮若市及び小竹町の2市1町で構成され、遠賀川流域で2番目の流域下水道事業として、平成11年度に着手し、平成18年9月に供用開始しました。

流域幹線管渠は、若宮・宮田・直方、小竹・宮田、宮田、小竹・直方及び直方の5幹線で、河川横断等の地形上の理由により、自然流下で処理場に流入させることが困難な、宮田を除く4幹線は、中継ポンプ場が建設される計画で、現在、龍徳ポンプ場、感田中継ポンプ場及び勝野ポンプ場が稼動しています。

基本情報

遠賀川中流浄化センターの所在地および電話番号はこちら

浄化センター情報へ

 

 

center-ongachuryu-map2

Google Mapで見る »

終末処理場 遠賀川中流浄化センター
面積 5.17ha
所在地 直方市大字植木4054番地2
アクセス JR「筑前植木」駅下車徒歩約15分

計画処理区域

center-ongachuryu-kuiki

浄化センター配置図

center-ongachuryu-haichi

計画概要と現状(平成27年度)

 

計画概要

現状

関連市町 直方市、宮若市、小竹町 同左
計画目標年度 平成37年度(2025年度)
計画処理面積 / 人口 2,756ha / 72,900人 561.4ha / 18,120人
排除方式 分流式 同左
処理方法 嫌気無酸素好気法 + 急速ろ過法 同左
計画処理能力 37,600㎥/日 4,700㎥/日
幹線管渠延長 33.10km 28.11km
着手年度 平成11年度(1999年度)
供用開始年度 平成18年度(2006年度)

TO TOP